ピルとのうまい付き合い方

ピルとのうまい付き合い方

ピルは女性にとって重要なツールのひとつ。ただ避妊だけに効くと思ってる人もいるかもしれませんが、月経痛等を解消してくれる効果もあります。ピルについて正しい知識を持ち上手に付き合っていきましょう。

ピルを使いこなそう

ピルには高い効果がある経避妊薬であることは良く知られています。しかし、効果があるのは避妊だけではなく女性にとっては嬉しいメリットがあることをご存知ですか。ピルのメリットについて説明していきますので、上手く使いこなして自分の悩みを解消をしましょう。現在、避妊薬として使われているのは低用量ピルと呼ばれているもので、100%近い避妊効果があるといわれています。副作用が心配な女性もいらっしゃるとかもしれませんが副作用があるといわれていたのは、高用量ピルという種類のものです。ピルの成分はもともと体の中にある卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれていますが、成分の量を調節してある低用量には副作用は少ないといわれています。月経痛や出血量の多さに悩んでいる女性は多いですが低用量ピルを服用することで、出血量が減少して子宮の収縮が弱まるので痛みが軽くなります。月経不順がある方は服用することで月経の周期が整うようになります。生理の予定日を変更することも可能ですから、旅行などのイベントがある時には便利です。また、子宮内膜症を予防する効果があり、既に症状がある方には進行を止めると考えられています。生理前におきるイライラや憂うつな気分はPMS(月経前症候群)と呼ばれているもので、多くの女性の悩みです。これは生理前の女性ホルモンの減少によって起きる症状で、ピルに含まれている女性ホルモンがバランスを整えて症状を改善して行きます。女性ホルモンの乱れで起きる更年期障害の症状を和らげたり、骨粗鬆症の予防効果があります。また生理前のニキビに悩んでいる方もホルモンバランスの乱れが原因ですから服用することで改善されていきます。低用量ピルには病気予防の効果があり、子宮体がんや卵巣がんの、不妊に繋がる病気の予防します。このように避妊だけでなく多くのメリットがありますので、使いこなして効果を得たいものです。

ピルで一番高いものは?

ピルの利用が増えてきている中で、どの病院であれば処方してもらう時に安くなるのだろうかと調べている女性も少なくありません。それは日本で利用するピルが高いという事の表れでもあります。一般的には病院で処方される場合、一か月分の1シートの価格としては2~3000円前後の病院が殆どです。これを高いか安いかと考えるのかは人それぞれですが、利用する目的によってもピルの値段は前後すると考えておきましょう。

通常使用する避妊薬としての価格が2~3000円程度なら、月経日の移動のために利用をしたいという時には4~5000円ぐらいになることもあります。これも病院によっては取り扱いがあったりする事もあればない場合もあるので、よく相談してみて下さい。一番高いだろうと考えられるのは、緊急避妊ピルです。モーニングアフターピルと言えば、もしかしたら通じる事もあるかもしれません。避妊に失敗してしまった時などに利用するタイプなのですが、これに関しては保険適用がきかない自費診療になることもあいまって、一回分で1~2万円ほどの価格に跳ね上がります。中容量タイプを使うヤッペ法であればその半額ほどになりますが、それでも一般的に使用する時より高いと言えるでしょう。

病気等で利用をする場合には保険適用がされるので、その時にはそれほど気にならない価格となります。通常の避妊のために使っていく時にはそこそこの値段がすると考え、避妊失敗時には相当高いと思っておいて下さい。診察料や指導料が別途になることもありますので、気になる場合には出かける前に病院に相談をしておきましょう。長く続けていくにはなるべく安価で手に入れる事にこした事はないからです。

ピルの主成分とは

女性の体内では、脳の指令を受けて卵巣から女性ホルモンが分泌され、一定周期で排卵が起こることで妊娠可能な状態を保っています。
この女性ホルモンの作用を利用して妊娠を防ぐことができるのが「ピル」です。
ピルを服用することで女性ホルモンを体外から取り入れると、女性ホルモンが脳に働きかけすでにホルモンが分泌されていると勘違いさせて擬似的な妊娠状態にします。
そのためホルモンの分泌を促す指令を出さなくなり、排卵も起こらず妊娠を防ぐのです。
ピルは、卵巣で作られ排卵や妊娠のシステムをコントロールしている女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つが主成分です。
エストロゲンは、生理周期の前半期間を安定させ、脳や血管、皮膚、粘膜などに行き渡り、新陳代謝を活発にして若々しさを保つ働きがあります。
エストロゲン分泌が急激に低下し始める更年期前の30代後半から起こる不調を改善するには、ピル服用によってエストロゲンを補うのも効果的です。
プロゲステロンは生理周期の後半期間を維持します。
バランスを崩しやすいホルモンですが、基礎体温の上昇、妊娠の継続、乳腺の形成など妊娠には欠かせません。
また多量のプロゲステロンが乳がんの抑制に効果的だという研究結果もあります。
プロゲステロンは単体で用いると不正出血が続いたり体毛が濃くなるなど男性ホルモンに似た働きもあるため、うまく効果を導き出すためにエストロゲンとプロゲステロン両方のホルモンをバランスよく配合する必要があります。
ピルは避妊薬としてだけではなく、月経痛の緩和や生理周期の安定などにも効果が期待できるため、それらの治療薬としても利用されています。
■多くの女性に使われているピルの通販ならここ
トリキュラー 通販