ピルとのうまい付き合い方

ピルは女性にとって重要なツールのひとつ。ただ避妊だけに効くと思ってる人もいるかもしれませんが、月経痛等を解消してくれる効果もあります。ピルについて正しい知識を持ち上手に付き合っていきましょう。

ピルの服用と骨盤と月経コントロール

生理の時は、痛みや不調を伴いがちですが、骨盤の開閉との関係性もあります。骨盤のゆがみというのは、ダイエットなどとも関係している、といった情報の方が、女性には認識が高いかもしれません。生理不順であったり、PMSと言われるものは、女性ホルモンの分泌が、体に影響しているものです。正常に女性ホルモンの分泌をするためには、月経時の骨盤の開閉を順調にすることが大切になります。

月経コントロールのために、利用されるのがピルの医薬品です。基本的にピルというのは、妊娠をしないために、排卵をストップさせるために服用する薬です。生理不順の悩みを持っていて、月経コントロールに使う人もいます。しかしピルは医薬品であるため、意図的に月経コントロールしていたとしても、全く何も副作用がないとは言えません。その点を、頭から忘れてしまわないよう気をつけたいところです。

意図的に毎月の生理を、自分の都合よくコントロールできる方法は、本来体の持つ力で支給を動かさないことにもなるので、徐々に衰退していきます。必要に応じて利用することで、生理不順にも役立ちますし、スケジュール的にも調整はしやすくなります。しかしピルを使い続けることによって、支給は弱くなっていってしまいます。

必要性があれば、ピルを服用して月経をコントロールすることはみけないことではありません。しかし、あまり薬だけに頼らないよう、普段の生活に気をつけることも大切なことです。普段から、支給を柔らかくしておくのも、心がけたい子です。骨盤体操をして子宮を動かしたり、よく歩くのも子宮を温めることになります。食生活では、野菜をたっぷりと食べるようにしましょう。心と体を、心地よくリラックスさせることも良いことです。