ピルとのうまい付き合い方

ピルは女性にとって重要なツールのひとつ。ただ避妊だけに効くと思ってる人もいるかもしれませんが、月経痛等を解消してくれる効果もあります。ピルについて正しい知識を持ち上手に付き合っていきましょう。

ピルの金額と子宮筋腫に対する影響

ピルと呼ばれる薬がありますが、日本では主に経口避妊薬として知られているものです。しかし、実際には避妊用としてだけでなく、婦人科系の疾患の治療にも用いられている薬です。
避妊用として利用されるピルは、低用量と呼ばれるタイプのものが主流です。女性ホルモンの量を調整することで、避妊ができるという仕組みになっています。その避妊効果はほぼ100%といわれており、あらゆる避妊方法の中で、最も確実性が高く、信頼できるものとして使用されています。世界的にみると、1億人程度の女性が使用している避妊薬ではありますが、日本においては他の先進国に比べると、利用率が低いという特徴があります。
その理由として、避妊目的としてのピルは、保険適用外であることも問題としてあります。産婦人科に向かえば処方してもらえますが、その金額は1ヶ月分で2500円前後かかるのが相場です。薬そのものの金額だけではなく、同時に健康診断を行う病院もありますので、そのような病院を利用すれば、さらに金額が高くなることもあります。
しかし、婦人科系の疾患は外からでは確認しにくいものですので、薬の処方のついでに、健康診断を受けるのはメリットがあります。子宮がんや子宮内膜症、子宮筋腫などの疾患を、早期に発見できる可能性が高まります。
ピルには、子宮筋腫の治療効果のあるものも存在します。子宮筋腫は女性ホルモンの影響でできる良性の腫瘍ですが、閉経を迎えれば次第に小さくなるものとされています。ピルを飲み続けることにより、女性ホルモンのバランスを変化させることができますので、子宮筋腫が大きくならずに、症状を抑える効果が期待できます。どのようなピルが治療に使われるかは、検査結果を参考に、医師によって判断されます。